紺碧の夜に

140文字では足りない にじみだすような思い

3月に読んだ漫画

3月に読んだ漫画まとめ(3月中は随時更新)。大半はレンタルで読んでます。

※一言感想書きますので、多少ネタバレするかもしれません。ご注意ください。

 

 

ヴィンランド・サガ|1巻~21巻

ヴィンランド・サガ(21) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(21) (アフタヌーンKC)

 

おススメしてもらって読み始めたのだけど、2日で1巻~21巻まで読んでしまった。

アレだよね、みんなアレなの。宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」なの。

 

誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ

みんなの願いは同時には叶わない

 

8巻辺りまではほんとコレ。

くっらーーー!えぐーーー!って心理と描写ばっかだった。

やっと流れが変わったそれ以降と、奴隷時代を終えて航海に入って、どんどん面白くなってきた。

早く22巻読みたい!

 

 

 

凪のお暇|5巻

凪のお暇(5) (A.L.C.DX)

凪のお暇(5) (A.L.C.DX)

 

凪がとうとうお暇をお暇するわけですが、相変わらずの人間の内面を晒してくる仕上がりです。

 

個人的に、「会話が続かないのは自分が他人に興味を持たないから」のところが刺さりつつも、「いやそうでもないよ。あれこれ考えすぎて言葉が出てこなかったりするんだよ」とか思いつつ。

 

 

トレース 科捜研法医研究員の追想|1巻~6巻

トレース 科捜研法医研究員の追想 1 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 1 (ゼノンコミックス)

 

かんっっぜんに、月9の影響です。

1回~2回放送は、キャストの船越さんの役どころがめちゃくちゃイヤなやつで、ほんとイヤな気分になりながら見ていたのだけど、それがどんどん変化してきまして。

 

そしてストーリーそのものも、どことなくあの「アンナチュラル」を彷彿とさせる不条理な事件なんかもあったりして、原作が気になって読みました。

 


www.fujitv.co.jp

 

 

甘々と稲妻|3巻~5巻

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(5) (アフタヌーンKC)

 

以前2巻まで読んでそのままになっていたので。

死別シングルパパ子育て×料理という、今まで出会わなかったジャンルなのですが、回を重ねるごとに主要キャラたちの人間性が解放されてきた感。

 

3巻~5巻の間だけでも、娘・つむぎが成長しているっっ!

パパさんも、気負いが取れて肩の力が抜けて……。思わず応援したくなる、家族です♡

 

 

海街diary -行ってくる-|9巻

海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)

海街diary 9 行ってくる (フラワーコミックス)

 

毎回、1冊に収録される3話~4話それぞれの副題のうち、その1冊を表す副題をX巻の副題とされるこの連載。

  • 1巻:蝉時雨のやむ頃
  • 2巻:真昼の月
  • 3巻:陽のあたる坂道
  • 4巻:帰れないふたり
  • 5巻:群青
  • 6巻:四月になれば彼女
  • 7巻:あの日の青空
  • 8巻:恋と巡礼

ときて、最終巻となる9巻で、

  • 行ってくる

なんだかもう、締めではなくて「解放」で終わってる感、いいです。

話としても、初めの鬱屈とした鎌倉の3姉妹+飛び入りの末っ子が、いまやみんな晴れ晴れと前を見ていて…。

すずが加わったことで、全てが動き出したんだなって。素敵な姉妹愛を見せてもらった。