紺碧の夜に

140文字では足りない にじみだすような思い

1月に読んだ漫画

1月に読んだ漫画まとめ。(1月中は随時更新)大半はレンタルで読んでます。

※一言感想書きますので、多少ネタバレするかもしれません。ご注意ください。

 

 

雪人 YUKITO/1巻~5巻(完結)

雪人 YUKITO(4) (ビッグコミックス)

雪人 YUKITO(4) (ビッグコミックス)

 

 「新宿鮫」というハードボイルド小説の作者さんの著書「北の狩人」が原作だそうな。それなりにオリジナルストーリーになっているようだけど、面白かった。

全巻一気読み。極道の宮本さんが格好良すぎですよ(上の4巻表紙の方)。女性ファンはキュンキュンしてることでしょうよ。(わたしもキュンキュンしたわぃ)

 

秋田県警の主人公・雪人が女子高生に手ぇ出した(正確には出してないが)時には、「おいおい、未成年だぜ!」って心ン中で突っ込んじゃったけどさ。

最終的に宮本さんがどうなるかとか、予想ついてたけどさ、やっぱり切なかったよね。

 

作画のもんでんあきこさんの絵柄も好きなタイプなので、他の本も読んでみようかなぁとおもう。

 

 

約束のネバーランド/11巻~12巻

約束のネバーランド 11 (ジャンプコミックス)

約束のネバーランド 11 (ジャンプコミックス)

 
約束のネバーランド 12 (ジャンプコミックス)

約束のネバーランド 12 (ジャンプコミックス)

 

なかなか読めずにいたのですが、いつのまにか2巻分溜まってました。

狩場での死闘もやっと終わり次の段階…、と思いきややはりやってくる試練。

いつも前向きいい子のエマが、今後どうなっていくのか見ものですね。

フィルはあんなちっこいのに頑張っててすごいよ。でも魔の手が…(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

ミステリと言う勿れ/3巻 

ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)

ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)

 

やはり田村由美はいいなぁ。

人間というものの核心を突いてくるセリフにドキッとする。

作品のタイプとしては昔の龍三郎シリーズに近い感じがする。(すごく古いけど、とても好きな作品だった)

 

そういえば、マンガ大賞だかなんだかを受賞したのですね。まあ全然意外でもなんでもないけど。

 

 

夢で見たあの子のために/3巻

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)

夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)

 

なかなかのミステリ的かつ過激な展開となってきた3巻。

この人のストーリーなので先の予想がつかないのでこれからが楽しみ。

 

 

進撃の巨人/27巻

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

 

なんといいますかまぁ、時間軸が行ったり来たりで、相変わらず全容がつかみにくいなぁ。

それでも様々な伏線の回収も行われつつあり、そろそろ終わりか???

いまだに真顔で行われるギャグ的な要素になじめないままです(笑)